台東区の飲食店集客をポスティングがサポート!

●台東区の飲食店は地元密着で高評価

台東区ポスティング 飲食店

 台東区は、上野、隅田川に接した典型的な下町。東京の北の玄関として交通の要所であり、また、文化資源や多彩な行事を通じて多くの人たちが集う街です。

 また台東区には、そば、寿司、焼肉、ラーメン、居酒屋、お好み焼きなど、新旧多くの人気店舗があり、観光客のみならず地域住民にも強く支持されています

●飲食店の商圏とは

商圏は来店手段と来店にかける時間で決まる

 宅配・出前・デリバリーを行わない飲食店の場合、利用者の来店手段に応じて商圏を設定します。
 商圏半径=来店手段(速度)×来店所要時間(片道)来店手段は、立地や駐車場の有無などハード面に大きく左右されます。一方、来店所要時間は、業種やサービスへの期待度などのソフト面が反映されます。
 ラーメン店やカフェ・喫茶店など、気軽に立ち寄るお店であれば、徒歩10分圏内、4km/h×0.167h=0.667km≒700m程度を目安にするとよいでしょう。
 居酒屋、カラオケ店など、長時間を過ごすお店の場合は、来店自体を目的に外出するため、もう少し広い範囲が対象になります。
 また、クルマで来店するファミリーレストラン等では、30km/h×0.167h=5km程度が商圏となるでしょう。さらに広い範囲からの集客を目指すのであれば、それだけ時間をかけても来たくなるような、料理・サービスの充実が欠かせません。

交通の流れを読んで商圏を修正

台東区ポスティング 飲食店

 単純に商圏半径の円を描くだけでなく、交通の流れ、他店・施設の利用状況を考慮することも大切です。
 台東区内には6社9路線(JR東北本線、総武支線、つくばエクスプレス線、東京メトロ銀座線、日比谷線、都営大江戸線、浅草線、東武伊勢崎線、京成本線)が走り、計23駅が存在します。 乗降客の多い駅として上野・御徒町・浅草橋が挙げられます。
 駅や繁華街などに集まる人は、どこから来ているのでしょうか。たとえば、区内を最寄り駅ごとに区分してみると、当然駅を中心としたきれいな円に区分できるわけではありません。また、通勤客は、利用する改札口と反対側にはあまり立ち寄らないものです。
 駅前立地の飲食店は、このようなことを考え合わせて自店の商圏を設定しましょう。
 また、ファミリーレストランならば、自店の立地する幹線道路沿い方向に、細長く引き伸ばした商圏を考えるとよいでしょう。

●効果的なポスティング

商圏とポスティングの範囲は同一?

 商圏設定に基づき、チラシ配布先を決定し、効率的なポスティングを行います。
 ただし、設定した商圏に闇雲にポスティングを行っても、明確な効果はわからないものです。広告チラシ配布は戦略的に行う必要があります。
 幹線道路沿いのファミリーレストランでも、徒歩・自転車での来店客アップを目的にポスティングを行う場合は、通常の自店の商圏とは異なる地域に配布する必要がある、ということになります。

効果測定と継続的なポスティングで常にアピールを

 ポスティングは効果測定をしやすい広告である、という特徴があります。エリアを分けて段階的にポスティングを実施し、開店特典の販売促進としてのクーポン(無料券、割引券など)の回収率等データ収集することで、より集客の見込める地域の設定や販売促進の企画に役立てることが可能です。
 オープン後も、“鮮度の高い”季節メニュー情報や販売促進情報を盛り込んだチラシを、継続的にポスティングすることが大切であるといえます。

●飲食店のポスティング効果を高めるポイント【まとめ】

 このように、商圏の理解、効果測定と継続性が台東区の飲食店におけるポスティングの基本です。
 宅配ピザなどのデリバリーでは「注文のためのメニュー表」という役割ですが、来店型の飲食店にとっては、「存在の周知」「来店のきっかけづくり」が主な目的となります。チラシ作成の目的を明確にすることがポイントです。
 単純に商圏半径の円を描くだけでなく、交通の流れ、他店・施設の利用状況を考慮することも大切です。

台東区ポスティング 飲食店

 飲食店(カフェ・喫茶店や焼肉店、レストラン、ラーメン店、うどん・蕎麦屋、居酒屋、カラオケ店、寿司店、お好み焼き店など)のキャンペーンチラシ配布、開店の告知広告などについて、どのようなことでもご相談ください。モレとムダのない、適切な配布地域、配布対象をご提案いたします。


台東区ポスティング アベリオ

台東区で費用に見合った効果的なポスティングを実施する業者をお探しならぜひアベリオにおまかせください。

お問い合わせはこちら!

このページの先頭へ